調査でやってはいけない事 | 浮気や不倫でお困りのあなたへ






調査でやってはいけない事

あなたが自分自身で独自に調査を行うという気概を持つ事は大事ですが、調査のテクニックの中では法的な観点から見て良い事と悪い事の線引きが非常に重要です。

特にあなた自身の事ですから、熱くなって善悪の判別が曖昧になる事もあるため、あなたの危険を顧みずに猛進してしまう事があります。
確かな証拠を掴む目的があっても、違法行為となってしまえば、証拠としては使えない場合があるばかりか、逆に相手から訴えられてしまう場合すらあるのです。

合法の中での調査なので法律を知り、違法行為を行わない事は当然です。
探偵などのプロは其の辺りを良くわきまえていますから、やはりプロはプロに任せた方が良い部分もあります。

ここでは、よく起こりがちな違法行為をご紹介します。

 

他人の敷地・建造物に立ち入る

正当な理由も無く、勝手に他人の敷地に立ち入る事は法律で禁じられています。
マンションのエレベーターなど共用部分であっても、他人の敷地ですので罪に問われます。

法的根拠 住居侵入罪-刑法130条

正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

 

郵便受けから手紙を盗る・手紙を勝手に開封する

調査相手などの住居等に住んでいる人間の名前を確認しようとした際、郵便ポストの手紙は比較的簡単に見る事が出来ます。
簡単に確認したい気持ちも理解できますが、郵便受けから手紙を盗ってしまうことは当たり前ですが、窃盗です。

そして、上記のように盗ってはダメだからと言って、他人宛の手紙を勝手に開封することも禁じられています。

法的根拠 信書開封罪-刑法第133条

正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

 

インターネットで勝手にログイン

インターネットでのWebサービスにIDやパスワードを使用し、無断でログインしサービスを受けられる状態にすることは法で禁止されています。

ここでの注意点として、ログイン後に勝手に他人のデータを使ったり、不利益になる事を行う事を禁じているということではなく、ログインしただけで罪に問われるという事です。
注意しましょう。

法的根拠 不正アクセス禁止法-第3条2項

アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じて当該アクセス制御機能に係る他人の識別符号を入力して当該特定電子計算機を作動させ、当該アクセス制御機能により制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為~中略~一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 

やってしまいがちな事ですので、当たり前と言えば当たり前の事ですが、注意しましょう。