浮気の証拠能力のある証拠の収集 | 浮気や不倫でお困りのあなたへ






浮気の証拠能力のある証拠の収集

証拠能力のある証拠を集めること

浮気の証拠は、”証拠能力がないと意味がない”為、証拠能力のある証拠を集めることはテクニックの中でも欠かせないものです。

また、この証拠を元に依頼者は示談交渉や、裁判などを行いますので、各々の目的に合わせた証拠能力のある証拠を掴む必要があります。

 

そして、必ず失敗はできません。

なぜなら、浮気の証拠を掴むチャンスは一瞬ですし、ターゲットにも近づく事からバレる危険性もあり、とても慎重に行わなくてはならない、大変気を使う難しい調査だからです。

また、証拠を掴む際に違法行為があった場合についての判断が素人には難しく、証拠能力がなくなるだけでなく、刑事責任を問われる可能性もありますので細心の注意が必要となります。

この段階においては素人の域を超える事も多いので、プロに任せられる方が安心だと思います。

証拠集めは素人の方でもある程度のことはできると思いますが、夫婦間での浮気を立証するための証拠と、裁判や離婚時に必要な証拠とは意味合いも違ってきますし、証拠能力も変わってきますので、証拠だと思っても証拠として使えない場合もあります。

 

浮気の証拠

証拠1 不倫相手からの手紙・メール

パートナーに直接浮気を問い詰めるなら、これだけで十分な証拠になると思われるかもしれません。
しかし、実際の裁判の場においては、状況証拠となる程度で直接的な証拠にはならないのです。

証拠能力として注目されるポイントは、”不貞行為の確認・推察が出来るかどうか”が大きなポイントになります。

その為、浮気相手からのメールで、「大好きだよ」「今日のホテルはとっても雰囲気良かったね」という内容であったとしても、「冗談だ」とか「作り話だよ」と言われてしまえばそれ以上は追求できないのです。

特に、メールなどについては、送信元の確証から始まり、実際に誰が送ったかもわからないので、悪戯の可能性も否定できず残念ながら直接的な証拠にはならないのです。

 

証拠2 不倫相手との電話の盗聴

状況にもよりますが、プライベートな電話の盗聴は基本的には犯罪行為となります。
これは証拠能力がないばかりか、あなたが刑事責任を問われかねない危険なケースです。

 

証拠3 不倫相手とのデート写真、目撃情報

状況証拠として十分な能力があるように思われますが、二人が一緒にいただけの写真では不貞行為の確認・推察が出来ないので、直接的な証拠にはならないのです。

また、友人・知人などがデートを目撃していたとしても同じことで、不貞行為の確認・推察が出来ない為、直接的な証拠にはなりません。
ただし、ホテルに入るところを見ていたりすれば状況次第で証拠になります。

 

証拠4 不倫相手との性交時の写真

これは現行犯のようなものですから、性交時やベットでの二人が映っている写真や映像があれば決定的な証拠となります。
同じく、裸の状態の二人が一緒にいる写真などでも証拠となります。

最近は携帯のカメラで簡単に写真が撮れる為、性交時やベットでの写真を自画取りで本人が撮っていることも多い物です。

ラブホテルへの出入りの写真なども有効ですが、その場合は二人が数時間そこに滞在したという状況の確認も必要になります。
また、継続的な関係を証明するためには複数回の状況証拠を抑えることが大切です。

証拠能力を有する写真や映像とは、客観的に見て”性行為の存在を確認できる・もしくは推認できる”ことなのです。

 

状況証拠を絶対に逃さない!その前に無料で相談を!

決定的瞬間、複数回の状況証拠の把握を全て一人で行うのは、事実上不可能なのではないでしょうか?相談、見積もりは無料で以下の2社は行ってくれます。全国展開している探偵事務所で評判も良く透明性が非常に高い探偵事務所です。