浮気の証拠収集方法 | 浮気や不倫でお困りのあなたへ






浮気の証拠収集方法

携帯電話やPC・パソコン以外にも、浮気の状況証拠として収集できるものが実はたくさんあります。

いづれも、単体では探偵が調査する決定的な”不貞の証拠”とはなりにくいものですが、それぞれを組み合わせると継続的に続いている浮気の証拠となる可能性があります。

また、情報や証拠が多い方が探偵に依頼する場合であっても、成功率が高まります。

 

レシートや領収書

店の名前、店の住所、利用日時、支払い金額などをチェックしてみましょう。

また、本人の話と食い違いがあるようであれば、メモなどをとっておきましょう。

特に注目するポイントは、飲食店の場合にはレシートに大抵人数が記載されています。

財布やお金の使い方をチェックする

おさいふの中に、疑われるようなレシートや領収書・チケットなどが入っていないかを調べてみましょう。

また、パートナーが利用している預金通帳の引き出しや、引き落としの内容をチェックしてみましょう。

また、クレジットカードの支払い明細なども利用先や金額などを確認してみましょう。

カーナビの履歴をチェックする

パートナーが利用している、もしくは家族で利用しているカーナビの履歴を確認しましょう。

案外、履歴は消し忘れています。

また、発見した行ったことがないお店の履歴や、その他の走行履歴をチェックしましょう。

カーナビがない場合も、走行距離を毎日チェックしてみて、パートナーの行動と矛盾がないか確認してみましょう。

ゴミをチェックしてみましょう

パートナーの部屋や車のゴミ箱をチェックしてみましょう。

不審なレシートや、使用済みのコンドームや、家族のものでない髪の毛などがないか確認してみましょう。

 

証拠保存方法は?

あなたが必死な思いで収集した証拠は、どのように保存するのがベストでしょうか?

これも豆知識になります。

下記に挙げておきますので、チェックしてみてください。

  1. デジタルカメラでなく、スチールカメラで撮影する

    携帯のカメラやデジタルカメラが一番、身近ですが、スチールカメラが手元にあるようであれば、必ずそちらを利用しましょう。

    (デジタルデータは改ざんしやすいので、証拠として利用できない場合があります。)
  2. 手紙やメモなどはコピーを取る

    カメラでも問題ないのですが、可能であれば紙媒体の証拠についてはコピーを推奨します。
  3. デジタルデータ

    携帯の写真やパソコンのデータなどは、データをコピーしておきましょう。
  4. 収集した証拠

    いつ、どこで見つけたものか、必ずメモと一緒に保存します。
  5. 毎日メモをとりましょう

    上記のような証拠が保存できない場合でも、その日の出来事やおかしいと思った事などをメモします。

証拠収集は手遅れになる前に無料で相談を!

するどいあなたの勘は、逆にあなたのパートナーを警戒させ、一層状況証拠をつかみにくくさせてしまうかもしれません。

相談、見積もりは無料で以下の2社は行ってくれます。全国展開している探偵事務所で評判も良く透明性が非常に高い探偵事務所です。