パートナーの動作を観察する | 浮気や不倫でお困りのあなたへ






パートナーの動作を観察する

相手の嘘を見破る方法とは

通常、人は嘘をつく時、無意識に必ず兆候が出ます。
それは、自分が”嘘をついている”と認識しているに他なりません。

ここでは、嘘をついている場合に見られる一般的な心理的動作を教えましょう。

顔をさわるしぐさが多くなる

嘘をつく時、口から本当の事が出るのを抑えようとする無意識の抑制行動で、鼻・口・あご・唇・ほほなどの顔の一部を触る仕草が多くなります。

視線がキョロキョロとしている、または、右上を眺めることが多い

嘘をつく時、落ち着かない気持ちから、目線が定まらなかったり、下を向いたりと挙動不審になる事があります。

また、人が過去の何かを思い出すときなどは左上、何か未来の事や嘘を想像するときは、右上に視線をずらす傾向があります。
嘘をつく際は、未来の中に創造している事が多いですから、視線は無意識の場合右上に移動します。

体が不自然に揺れる、体制を変える

嘘をついた動揺から、無意識に体が不自然に揺れたり、動揺を抑える為体制を変えるしぐさが出ます。

アイコンタクトを避けるようになる・瞬きが増える

嘘をつく時に、無意識の罪悪感からアイコンタクトを避けるようになります。
また、嘘をついた緊張から、瞬きが多くなります。

やたらとうなずく回数が増える

嘘が明らかになる不安から、話が停滞したり、沈黙を無意識に拒否しようとします。
相手に話を促進させるように、うなずきが多くなります。

 

気になる行為はありましたか?

上記に挙げた行為は特徴的な行為のごく一部です。

プロはこのようなテクニックをたくさん持っているのです。