調査で知りえた秘密はきっちり守る | 浮気や不倫でお困りのあなたへ






調査で知りえた秘密はきっちり守る

探偵の守秘義務

探偵に相談される方の中には、調査後の情報の取り扱いについて心配される方が多くいらっしゃいます。
当然、その人の暗部でもありますし、プライバシーにかかわる事ですから、心配するのは当然です。

探偵の業務は常に人の秘密を知る機会が多いものですから、管理人も疑問に思い、質問した事があります。
秘密の取り扱いは十分注意が必要な上に、かつて探偵が依頼者の調査で知りえた情報を元に、恐喝したといった事件もありました。

 

しかし、本来、探偵業法では、『秘密の保持等』という条項で、下記のように定められているのです。

(秘密の保持等)

第十条
探偵業者の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。
探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。

2)探偵業者は、探偵業務に関して作成し、又は取得した文書、写真その他の資料(電磁的記録(電子的方式、
磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。)を含む。)について、
その不正又は不当な利用を防止するため必要な措置をとらなければならない。

 

調査依頼者の秘密主義

同時に調査依頼者も、ケースによっては探偵から同様に人の秘密を知らされることになります。

この秘密を元に違法な差別的な扱いを防ぐためや恐喝などの犯罪行為を行わない為にも、探偵業法では依頼者へも書面の交付として、下記のような定めがあります。

あなたの秘密が漏れる心配をするのはわかりますが、同時に他人の秘密も絶対に守らなければいけませんよ?

(書面の交付を受ける義務)

第七条
探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、当該依頼者から、
当該探偵業務に係る調査の結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために
用いない旨を示す書面の交付を受けなければならない。

 

このように、調査で知りえる可能性がある人の秘密は、探偵社側が不正に利用したり、また、同時に調査依頼者が違法に取り扱いができないよう、探偵業法できちんと定められているのです。

この点については安心しても大丈夫でしょう。

 

詳しく知りたい方は下記の電話へ相談してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓